スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2011の投稿を表示しています

カモミール&ペパーミントティー

手軽に出来て
私がもっともよく飲む
ハーブティーブレンドは、
ハイビスカス&ローズヒップに並び
カモミールとペパーミントのブレンドです。

ハイビスカス&ローズヒップは
そのままブレンドされたものも売っていますが
カモミールとペパーミントの2種類のみ
となるとそうそうないかもしれません。

でも、大丈夫。

常備しているそれぞれのティーバッグを
1つのポットで入れればOK!
3杯分くらいを抽出しておいて
カップと水筒に分けて入れて、
水筒は出かけるときのお供にしたり
家でもそこからコップに注いで
分けて飲んだり。

そうそう、写真のティーバッグは
ドイツのメスマーというメーカーの
ハーブティーです。

私の生活圏の中で一番
コストパフォーマンスが良いので、
よく飲むこの二つのハーブは
最近これを買っています(笑)。
味ももちろん悪くない。

ティーバッグで常備していると
旅行などの荷物の中にも
好みのものをいくつかみつくろって
気軽に持って行くことが出来ます。

ちなみに旅先に必ずもって行くのも
カモミールとペパーミントの2種類。
そしてラベンダーのエッセンシャルオイル。
これは私の旅行荷物の定番です。

カモミールはお腹の調子対策と
よく眠れるように。

ペパーミントは胃の調子対策。

ラベンダー精油は
ホテルの部屋などの空気清浄や
万が一の火傷や虫刺されなどにも使えます。
そしてもちろんこれも
よく眠れるように。

他の方の旅行に持っていく
ハーブ関連(?)グッズをお聞きしたら、
そのほかフラワーレメディや
パワーストーンという声もありました。

なるほど~☆

さてさて、
カモミールとペパーミントは
単品それぞれの味も好きな
ふたつのハーブですが
ブレンドするとミントの味や
カモミールの香りがマイルドになって
またひと味違った美味しさが楽しめます。

ちなみに私は、
このブレンドの時は
甘みをなにも加えずに
ストレートで飲むのがお気に入り。

色はペパーミントの色が勝つので
かなり濃い色のお茶になりますね。
一見すると紅茶のような色。

さて、このブレンドの特徴は、
ペパーミントの変化。

単品で飲むとスーッとして
「目覚めのハーブティー」
に位置づけられるペパーミントも
カモミールとブレンドすると・・・

あら、不思議。

180度変わって
「グッド・スリープ・ティー」
に早変わり。

睡眠を助けてくれるお茶へと変化します。
なので就寝前に飲んでも大丈夫。

ハーブって不思議ですね。



シナモン入りカモミールミルクティー

冬の朝は起きると一番に
ポットにお湯を沸かします。

飲むのは緑茶だったり
紅茶だったり
ハーブティーだったり
その日の気分で様々。
時にはコーヒーも飲みます。

今朝は何を飲もうかなと
考えるのは楽しい。

今日はひと手間かけて
カモミールミルクティーを用意。
甘みはいつもの蜂蜜ではなく
シナモンシュガーにしてみましたよ♪

カモミールもシナモンも
身体を温めてくれるハーブやスパイス。
寒い冬にぴったりの組合せですね!

私の作り方をこちらに載せておきます。
牛乳とお水を半々にして
鍋で作る方法です。

濃厚な味が楽しみたい場合は
牛乳だけでももちろんOK!

鍋を使わずに、先にお湯だけで
濃いカモミールティーを煎れてから
少しミルクを注ぐのでももちろんOK!

知り合いの大学の先生は
火の使えないご自身の研究室では
電子レンジを活用しているそうです。
それでミルクを温めてももちろんOK!

気軽に出来る方法を見つけることも
ハーブティーを日常に楽しむコツですね☆

私の場合、冬の飲み物は
お気に入りの鍋を使いたい
という動機も手伝っています(笑)

そうそう、そういえば、
カモミールティーを
眠る前に飲むと良く眠れる・・・というのは
皆さんもうご存知のことと思いますが
もうひとつ、
眠る前に飲むといいことがあります。

翌日のお通じがスムーズ。

もちろん個人差はありますが
カモミールはお腹の調子の
バランスをとってくれるハーブなので
”どっちに傾いている方にでも”
試しいただきたいお茶です。


ちょっとお疲れの時に・・・

夫婦っていうのは
毎日同じものを食べているし
生活パターンは仕事に行く人
家で家事をする人で異なれど
身体の疲れっていうのは
似たタイミングでやってくるのでしょうか?

今年は年始に急な帰省があったりしたので
私も新年早々体調を崩してしまったのですが
夫のもーりーも少しお疲れ気味の様子です。

丈夫が取り得、みたいな人でも
年に1回くらいは
疲れがたまってくるものなのかもしれません。

口の周りにちょっとできものが出てきた。
本当は一日ぐっすり眠れば良いけれど
週の初めではそうも行かないので
せめて睡眠の質を上げるお手伝い。

セントジョンズワート
エキナセア
スカルキャップ
バレリアン
のブレンドハーブティー。

エキナセアで免疫を上げて
バレリアンでぐっすり
セントジョンズワートと
スカルキャップは
少しでも痛みが軽くなればいいなぁと・・・。

どうかな?

セントジョンズワートと
スカルキャップは
頭部に帯状疱疹をやっている私には
あると安心・気休め的常備ハーブなのですが
ぶつぶつ部分が痛いというもーりーにも
飲んでもらってみました。

仕事も昨年から少し変わったばかりで
頭も疲れているみたいだったので
そんな時にもセントジョンズワートや
バレリアンは良いかも?

この4種のブレンドは
香りはいかにも薬草茶、ですが
味はすっきりとしていて
ストレートティー好きの方には
美味しくいただけると思います。

私も一緒に飲みました。

昨夜は眠る時間も
一時間早めにしましたよ。

元気になりますように☆


フェンネル(フレッシュリーフ)のお茶

昨年の春に種を蒔き
自宅で鉢植えで育てているフェンネルが
とても元気に育っています。

本来はかなり大きくなるハーブなので
鉢植えではどうなのだろうと思っていましたが
小さいなりにも元気いっぱい
香りも強く放っています。

剪定した葉をお茶や料理に利用してみます。

まず今回はフレッシュなまま
リーフティーとしての利用。

お試しなので一種類だけで飲んでみて
味や香り、色などをお勉強。

葉の柔らかい部分だけをちぎって
ティーポットの中へ。

待つこと数分。
色はなかなか出ませんが
香りはとても強いです。

かの地の方がなさっているような
カレー専門店でおなじみの
とてもエキゾチックな香りがします。

味は…ちょっと青っぽいかな~。

リーフティーでも
消化を助けてくれるハーブとのことなので
何か飲みやすくて自分の好みのハーブと
ブレンドすると飲みやすいかも
と思いました。


ヒースのお茶

年末に母と電話で
父が過去に患った
通風の話をしていたところ
最寄のカルディ
ヒースのハーブティーを見つけました。

ハーブティーの品揃えがとても充実してきたな
とは思っていましたが
エキナセア、セントジョンズワート、ヒースなどが
専門店に行かずとも手に入るのは
大変ありがたいことです。

気になっていたヒースティーを
今日さっそく買ってきました。
ヒースの学名はErica vulgarisで、
エリカとかへザーなどとも呼ばれる植物です。

園芸店ではちょうど今頃に
よく見かけるお花ですよね。
ピンク色の細かいお花がかわいい。

このハーブティーを出しているのは
日本緑茶センターさん。
今までもここのハーブティーを
よく買って飲んでいます。
小さくパッケージングされており
価格も手軽で気に入っています。

ヒースは他のものより
ちょっと量が多めのパックかも。
(お店の仕入れの都合かもしれませんが。)

一種類だけで飲んでみます。

ティーポットで抽出すること3分強。
薄~いイエローが出ました。
フラボノイドを含むハーブなのでこの色。
ほのかに花の香りがします。

味は苦味も渋みもなく
無味と言ってもいいかもしれません。
香りもわずかなので
白湯を飲んでいる感じに近いです。
ブレンドしやすいハーブと言えましょう。

パッケージに書かれたおすすめブレンドは
ローズやローズヒップとのブレンド。
ヒースは美白やニキビ予防などの
美容に役立つと考えられているハーブなので
ローズやローズヒップとのブレンドが
紹介されているのでしょうね。

「メディカルハーブの事典」を見ると
泌尿器系にも良さそうです。

寒い日が続きますので
リンデンやカモミールなどの
温まるハーブとブレンドするのも良さそうです。

女性も男性も
腰周りを冷やしませぬように。

レモニーミントティー

あけましておめでとうございます。

暮れに準備した乾燥レモンバーム
レモングラスとペパーミントをブレンドして
レモンニーミントティーを煎れました。

レモンバームとレモングラスはその名のとおり
レモンのような香りを持つハーブです。

ペパーミントティーはしょっちゅう飲むので
手軽なティーバッグで常備しているもののひとつ。
旅行などにも必ず持って行きます。

この三つは
消化を助けてくれる
と言われているハーブ達。

年末年始のご馳走シーズンのお供に
試してみてはいかがでしょう?

香りが強めなので
最初は薄めに出して飲むのがおすすめ。

好みで本物のレモン果汁を加えたり
いつものように蜂蜜をプラスしたり。
そのままストレートでもおいしくいただけます。
(この日私はストレートで飲みました。)

レモンバームは身体を温めるハーブでもあるので
冷え込む夜の一杯にも良いかもしれません。

就寝前にペパーミント?!
と思われる方もいるかと思いますが
目が冴えないかと心配な方は
ここにカモミールもブレンドしてみてください。

不思議不思議☆
ペパーミントとカモミールの組合せは
安眠をもたらすと言われる
ナイトキャップティーなのです♪

ちなみに、
このままのレモニーミントティーでも
私はぐっすり安眠です(^^)

更新が少ないブログですが、
今年もよろしくお願いいたします。

ハーブとともに
健やかな1年を過ごしましょう♪