スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

ロンドン・ティー・カンパニーのハーブティー

先週から猫を飼い始めました。猫との生活は8年ぶり。子供の頃から猫はとても身近にいつもいて、夫の実家でも猫を買っていたりと、猫大好きな私ですが、実は少々アレルギーの気があるのです。

 猫だけというわけでなく、ホコリっぽいところは全般的に苦手。(でもありがたいことに花粉症はないのですが…。)なので、猫がわが家に来てからは、今まで以上に掃除をせっせとする覚悟です(笑)。それがまず第一の対策。その次は、かわいいけれどなるべく触り過ぎないようにすること。まぁ、これは猫の方も触られすぎは嫌がるものなので、甘えてきた時に応じてあげるくらいの感覚で。(その時も顔は近づけすぎないように…。)そしてその後は手を洗ったり、服についた毛を取ったり。幸いそれほど重度ではないので、このくらいでだいぶ予防は出来ています。猫は見ているだけでも楽しいので、私にとってはちょうど良い距離感でもあります。

 が、いざくしゃみが出たり目や肌がかゆくなったりした時のために、エルダーフラワーのハーブティーもしっかり準備しておきます。ちょうど猫が来てから2日目に駅前に出る用事があったので、ついでにカルディさんや成城石井さんといった輸入食材屋さんを物色。手軽に手に入る市販のブレンドハーブティーの中に、エルダーフラワーかネトルの入ったものはないものかと、あれこれハーブティーのパッケージをチェックしてみました。

 そこでその日唯一みつけたのが写真のもの。購入はカルディさんにて。ロンドン・ティー・カンパニー(The London Tea Company)のブレンドハーブティーです。こちらはホワイトティーとエルダーフラワーにアプリコットをブレンドしたもの。

 ホワイトティーは中国茶で言うところの白茶(若葉の弱発酵茶)というものだと思います。パッケージにある説明を見ても茶の1番若い葉をつかったお茶と書かれています。味わい的には色が薄いわりにタンニンをしっかり感じるお茶で、ダージリンでいうところのファーストフラッシュに似たサッパリ感があるような…。それにエルダーフラワーとアプリコットの甘い香りがプラスされています。アイスティーにしても美味しそうです^^

 このブレンドティー自体は肌を若く保つという目的のためのお茶(いわゆるアンチ・エイジング)のようですが、私はここではエルダーフラワーに自分の目的を置いて飲んでいます。エル…

携帯用ベビーパウダー

汗をかく季節も本番になってきましたね。La Dolce Vitaの方でも首周りを快適にするヒンヤリグッズとベビーパウダーについて書きましたが、本日はそのベビーパウダーを携帯しようというお話です。

 市販の携帯用パウダーもローズの香りのものなどありますが、ベビーパウダーやタルカムパウダーって1回買うとそうそう減るもんじゃないですよね。なので、家庭用に買ったものを小さな容器に詰め替えて持ち運びようにしようと思います。

 容器に使ったのは使い終わったスパイス瓶です。私が使ったのは梅塩というお塩の入っていた容器で、中蓋にちょうどよい穴が5~6個開いているというもの。これを綺麗に洗ってから乾かして使います。パウダーを瓶に詰めるときには漏斗を使って入れると失敗がありません。(漏斗がなければコピー用紙などを円錐形に丸めて細い方を瓶の口に差し、そこに粉を入れると上手くいくと思います。)

 この漏斗は100円ショップでたしか見つけたもので、蛇腹になっているのでたたむと平らになります。シリコン製で洗いやすいですし、けっこう便利。浸出油などを瓶に入れ替えるときも重宝します。

 瓶にパウダーを入れ終わったら、好みの精油を垂らしてみるのもおススメです。私は蚊避け効果も期待してレモングラスを1滴と、鎮静効果を期待してラベンダーを2滴、炎症を鎮める効果を期待してローマン・カモミールを2滴加えました。精油を加えたら、蓋をキチンと閉めてから瓶をシェイクします。ベビーパウダー自体にもある程度香りがあったりしますが、それでもほんのりいい香りになりますよ^^

 お出かけ前に腕やデコルテにつけると、ささやかな香水代わりになるかも?!ドライハーブをパウダーに直接混ぜて、香りを移して使うというのもOKです。その場合、ハーブはあまり細かくしすぎない方が使うときに便利です。(穴から粉だけ出てくるようにするため。)

 お気に入りの香りで、いろいろ試してみると楽しいと思います。(精油の濃度には充分注意して下さいね~。)