スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

お灸のお話

久しぶりの更新です。今回はお灸のお話です。

今年の4月末から5月前半あたりはなぜか身体がしんどくて、なんというか、心と身体がばらばらになっている感じでした。気持ちはOKで動きたい意志もあるのに、身体がなかなかついていかない・・・という感じ。正直これはかなりきつかったです。皮膚にも長いことかゆみの出ている場所がありました。

ハーブもアロマテラピーも今までどおり試していましたし、お風呂にもゆっくり浸かっていたし、靴下も衣類も今まで通りだし、いったい何がつかえているのだろう?といった具合。まぁ、ちょっと「あれが原因かな~」という出来事は記憶しており、それが自分で思っている以上に、自分にとって強いストレスになっていたのかな?とは思ったのですが、どうやって処理していいか分かりませんでした。

あ・・・だから、気持ちはOKと思っていたけど、今、振り返ってみると、気持ちのアップダウンも一日おきとかにあって、そっちのコントロールもつかなくてしんどかったのかもしれません。(過ぎ去ってすっかり忘れてしまっていましたが ・・・ ^^;)

正直に書くと、理由もないのに、いきなりかなり深い溝に落ち込んでいく自分がいる・・・とかそういう感じです。そういうのはだいたい今までは生理2日前とかにあって、それで「あ、そろそろその時期か・・・」と分かったりしたのですが、今回はスケジュール的にはその時期とは関係がありませんでした。で、バッチのマスタードを飲むといつもどおり軽くなるのは同じだけど、またそれがやってくるというのが勝手が違ってやっかいでした。

そんなある日、あまり利用したことのない、隣町の本屋さんに寄りました。そこで、なんとな~く今手元にあるものよりももっと詳しいツボの本でもないかな~と探していると、お灸の本が数冊目に止まりました。池田書店さんと成美堂さんが出している2冊です。成美堂さんの方には、お灸のサンプルもついていて、すぐに試せるようになっていました。また、2冊に書かれている治療点も少しずつ異なった場所が紹介されていたので、その2冊を買って帰りました。

お灸については、10代の頃に成長期貧血と言われ鍼灸師さんのところに少し通ったことがあり、そこで体験済みでした。けっこういい印象が残っていたので、それほど抵抗はありませんでしたが、このように本が出ているとは驚きました。若い女性に向けて編集され…